日立ソフト、ドキュメントを暗号化し情報漏洩を防ぐ「秘文AE CopyGuard Light」

エースラッシュ 2006年02月22日 18時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ソフトウェアエンジニアリングは2月22日、アイ・オー・データ機器製のセキュリティ強化USBメモリに情報漏洩防止ソリューション「秘文」のコンセプトを融合させたセキュアUSBメモリ「秘文AE CopyGuard Light」を、3月1日より発売すると発表した。

 秘文AE CopyGuard Lightは、Microsoft Office文書を保存した場合にはデータを自動的に暗号化する。データ利用時はUSBメモリ内のデータを直接編集し、USBメモリ内にのみ保存するように規制されている。これにより、USBメモリに保存したデータの外部パソコンへのコピーと、USBメモリ本体の紛失による情報漏洩を防止する。

 利用にあたってはパソコン側にソフトウェアをインストールする必要はなく、接続と同時に専用のツールが起動、パスワードを入力して利用するという形になる。価格はオープンプライスとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから