NTTデータ、顧客との情報共有を明確化するガイドラインを制定

WebBCN (BCN) 2006年02月23日 11時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータ(浜口友一社長)は、システム開発において顧客との情報共有を 明確化する「プロセス透明化ガイドライン」を制定した。

 顧客もシステム開発に参加することで、主要なプロジェクトマネジメント項 目である仕様・品質・進捗管理の「3つの管理(プロセス)」の「プロセス透 明化」を推進する。具体的には、まず、同社が「3つの管理」の目的や概要な どを顧客に説明。システムの概要やスケジュール、顧客との役割分担を含めた プロジェクト体制、会議方法などの「プロジェクト基本計画」を策定し、「3つの管理」ルールを顧客に納得させた上で作業を進める。また、各管理指標に より、プロジェクトの状態を定量的に分析し、適時報告する。

 これにより、顧客は事前にシステム開発の全体像や作業の流れを理解できる。 また、顧客と同社の作業分担について、時期や範囲が明確になり、顧客の準備作 業などが明瞭になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!