三菱電機、おサイフケータイや指紋で本人認証する情報漏えい防止ソフト

WebBCN (BCN) 2006年02月23日 11時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱電機(野間口有執行役社長)は、指紋や非接触IC技術「フェリカ」で本 人認証する情報漏えい防止ソフト「PCログオンセキュリティー MistyGuard <MISTYLOGON Lite(ミスティログオンライト)>」を発表した。4月10日から出 荷を開始する。

 「MISTYLOGON Lite」は、専用の指紋認証機能付きUSBメモリ「指紋USB認証 キー」を利用して、Windows OSへのログオンを指紋で認証する。そのため、パ スワードを盗み見られるなどの危険を排除できる。また、専用USBメモリに格 納したデータへのアクセスは、指紋登録者だけに限定して安全性も確保した。

 フェリカ対応のICカードリーダーライターを接続したPCでは、フェリカ搭載 ICカードや携帯電話で認証できる。認証はサーバーではなく個々の端末で行う 「ローカル認証」を採用しているため、PCを持ち出して社外で使用するなど、 ネットワークに接続できない場合にも認証が行える。フェリカ対応のICカード、 ICカードリーダーライターは別売となる。

 価格は、10ユーザーライセンス付の基本パックが12万6000円。追加ライセン スは、10ユーザーが10万5000円、50ユーザーが47万2500円、100ユーザーが84万円、500ユーザーが367万5000円、1000ユーザーが630万円、5000ユーザーが2625万円。「指紋USB認証キー」(256MB)の価格は、1本当たり1万8900円。ソフトの製造・販売・保守は、三菱電機インフォメーションシステムズが担当する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?