サン、ウェブアプリ開発ツール「Sun Java Studio Creator 2」を無償公開

ニューズフロント 2006年02月23日 14時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズは2月23日、ウェブアプリケーション用クライアントインターフェースの構築ツール「Sun Java Studio Creator 2」日本語対応版を公開した。サンの開発者向け会員制技術情報サイトSun Developer Connection(SDC)から、無償でダウンロードできる。

 Sun Java Studio Creator 2は、ドラッグ&ドロップ操作だけでウェブアプリケーションやポートレットを開発できる統合開発環境(IDE)。オープンソースJava開発環境NetBeans 4.1をベースとしている。

 新版は、ウェブアプリケーション用フレームワークのJavaServer Faces(JSF)とJavaポートレット仕様JSR-168に対応し、ビジュアルな画面操作でアプリケーションやポートレットが開発できる。また、Ajax手法による開発も実施可能。開発したアプリケーションは、Java System Application Server、BEA WebLogic、IBM WebSphere、TomcatなどのJ2EE標準コンテナで利用できる。

 対応OSは、Windows、Mac OS X、Solaris、Linuxとなる。

 Sun Java Studio Creator 2の公開にともない、サンはSDC内にSun Java Studio Creator 2専用サイトを開設する。同サイトでは、日本語の各種ドキュメントを無料で提供するほか、ユーザーフォーラムも運営する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!