ミラクル・リナックス、教育機関向けライセンスを発表

CNET Japan Staff 2006年02月24日 03時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミラクル・リナックスは2月23日、Linux技術者の育成支援を目的とした教育向けライセンス「MIRACLE LINUX V4.0 Education Pack」の出荷を、2006年2月24日より開始することを発表した。

 Education Packは、大学や専門学校などの教育機関や研修ビジネスを展開する企業および団体向けに、Linuxやオープンソースの教育を行うOS環境を安価に提供する新しいライセンス体系。教育側は設備投資の削減効果を期待しながら、商用レベルの技術を習得できる環境を整えることができる。

 またミラクル・リナックスは、Education Pack専用のサポートサービスを提供する。同一施設内であれば50サーバライセンスまでをひとつのサポート契約とできることが特長。最新アップデート情報の提供のほか、技術問い合わせや問題解決の支援などに迅速な対応する。

 価格は5サーバライセンスで税込5万2500円。5サーバを追加するごとに5万2500円。50サーバライセンスまでのサポート契約は年間で税込15万7500円となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!