日本エフ・セキュア、Linux対応のウェブアプリ用ファイアウォールソフトを販売開始

ニューズフロント 2006年02月24日 17時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本エフ・セキュアは2月24日、ウェブアプリケーション用ファイアウォールソフト「F-Secureサイトガード」のLinuxサーバ版の販売を開始した。

 SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティングといったウェブアプリケーションへの攻撃を防止する。セキュリティサービス会社のラックが提供する、ウェブアプリケーション攻撃の定義ファイルを採用。導入後に特別な設定を行わなくても、攻撃を防止できるという。

 SQLインジェクションのほか、OSコマンドインジェクション、LDAPインジェクションといった手口に対応。またディレクトリトラバーサル、バッファオーバーフローによる攻撃も防ぐ。Nimda、CodeRedなどのワームにも効果を発揮するという。インタフェースはウェブベースで、遠隔地から管理を行える。

 料金は最初の1年間が1サーバライセンスあたり178万円。2年目以降は年間35万6000円。官公庁、電子商取引(EC)サイトなどに向け、初年度200ライセンスの販売を見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?