マクニカの「FaxPressPremier」、富士通の「Interstage Enabled」に認定

CNET Japan Staff 2006年02月24日 20時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクニカネットワークスは2月24日、SuperG3(33.6kbps)対応のCastelle製FAXサーバ「FaxPress Premier」とその関連ソフトウェアが、富士通の「Interstage帳票ソリューション」と製品連携し、富士通の連携製品認定制度「Interstage Enabled」として認定されたことを発表した。

 今回の発表に伴いマクニカネットワークスは、帳票生成ソフトウェア「Interstage List Creator」や、電子帳票システム「Interstage List Works」の帳票をスプール管理ソフトウェア「Interstage Print Manager」経由でFAX送信できるソフトウェア「FAX連携オプション for Interstage」を製品した。

 FAX連携オプション for InterstageをFaxPress Premierシリーズと組み合わせることで、Interstage帳票ソリューションと連携する自動FAX送信システムを、短期間で構築できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!