NECインフロンティア、外食産業向け本部/店舗システム統合ソリューションを発表

CNET Japan Staff 2006年02月24日 20時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECインフロンティアは2月24日、外食企業の店舗システムと本部システムを一本化し、情報の流れを一元的に管理できるフードビジネストータルソリューション「FoodFrontia(フードフロンティア)」を開発したと発表した。

 FoodFrontiaは、店舗系システム「FoodFrontia F1」と本部系システム「FoodFrontia Pro」を中心に、POSターミナル、ハンディターミナル、セルフオーダーターミナル、ステーションターミナル、キッチンディスプレイなどのハードウェアとソフトウェアを含めたトータルパッケージとして提供される。

 対象とする外食企業の運営形態は問わず、店舗におけるメニュー管理や売上管理などの運営管理から、全店舗の売上/利益管理、発注業務、そして勤怠管理などのマネジメント系の機能も提供する。なお、店舗と本部の情報共有では、Webを介してデータ送受信を行う。

 2006年3月1日より販売活動を開始する予定。3年間で1万5000店舗への導入を目標としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから