SAPジャパン、公共機関向け統合人事・給与テンプレートの提供を開始

CNET Japan Staff 2006年02月28日 00時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPジャパンは2月27日、NTTデータウェーブ、サン・マイクロシステムズ、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)、日立情報システムズの4社と協力し、公共機関向けの人事/給与システムを短期間、低コストで構築できる導入価格モデル「公共機関向け統合人事・給与テンプレート」の提供を開始すると発表した。

 公共機関向け統合人事・給与テンプレートは、mySAP ERP HCMの標準機能で提供されている人事定型業務支援機能や、人材育成機能、Webセルフサービスソリューションに加え、公共機関でニーズの高い常勤/非常勤などの職員区分、定員管理、俸給表、各種手当計算、共済年金の控除、人事記録表などの機能が追加されている。

 テンプレートは、標準機能パラメータ定義済みファイル(移送ファイル)、基本仕様書、パラメータ定義書、操作マニュアル、オブジェクト管理台帳、メッセージ管理台帳、アドオン一覧、機能設計書、詳細設計書から構成され、短期間、低コストでのシステム構築が可能になる。

 このテンプレートは、日立情報システムズが開発したmySAP ERP Human Capital Managementのテンプレートをベースとするもの。ハードウェアプラットフォームは、サンまたは日本HPのどちらかを選択可能。販売および保守サービスは、NTTデータウェーブか日立情報システムズが提供する。

 導入期間は、通常のmySAP ERP HCM導入と比べて短縮できる。たとえば職員数1000人規模の機関の場合、5カ月程度で導入可能という。また、コスト面では、システム構築の初期投資として必要になるmySAP ERP HCMのライセンス費用、テンプレート費用、ハードウエア費用、および導入構築費用の最小構成が3699万円からとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?