特集:本格的なSOA実装の年となる2006年

山下竜大(編集部) 2006年02月28日 06時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[特集] ビジネスの変化に柔軟かつ迅速に対応できるITインフラを実現できる仕組みとしてSOA(サービス指向アーキテクチャ)に大きな期待が寄せられて久しい。しかし2006年は日本市場におけるシステム構築に、いよいよSOAが本格的に導入される年になるといわれている。そこで、ガートナー、BEA Systems、日立製作所などの企業に、SOA市場の現状やSOAを実現するテクノロジについて話を聞いた。

日立は、SOA実現の中核となるユニバーサルアプリケーションプラットフォームの最新版「Cosminexus Version 7」を発表した。そこで同社のSOA戦略について日立製作所 情報・通信グループ ソフトウェア事業部の阿部淳氏に話を聞いた。
2006年2月28日

BEA Systemsは、2006年1月31日に終わった第4四半期および年間の決算報告を発表した。年間の総売上は対前年比11%増の11億9980万ドル。好調の要因をBEAの会長兼CEO、Alfred Chuang氏に聞いた。
2006年2月24日

「すでにSOAは実装フェーズに入っている。“何ができて、何ができない”というSOAの検証の時期はほぼ終了し、できることからスタートしようという段階に入っているのが日本の現状だ」と話すのはガートナーの飯島公彦氏。
2006年2月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR