インフォリスクマネージ、企業向けに情報セキュリティ対策支援サイトを公開

田中好伸(編集部) 2006年03月01日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インフォリスクマネージ(旧アイティーマネージ)は3月1日、企業向けの情報セキュリティ対策支援サイト「SECURE RISK MANAGEMENT」(e-SRM)を公開した。

 e-SRMには、情報セキュリティに関する情報や関連製品の情報を掲載する。また情報セキュリティに不安を感じる企業ユーザーに対するカウンセリングを無料で提供する。メールとフリーダイアルで相談を受け付ける。

 現在、情報セキュリティに関連する主要な認証規格は(1)ISO270001(ISMS)、(2)プライバシーマーク(Pマーク)、(3)TRUSTe――の3種類が一般的となっている。しかし、企業ユーザーは「認証を取得したいが、どの認証が自社に最適か分からない」、「取引先や消費者から信頼を獲得するために、どこに焦点を絞ればいいのか分からない」といった課題も抱えている。インフォリスクマネージでは、ウェブサイトでビジネスを展開する企業が主な対象になると見込んでいる。

 e-SRMでは、企業のこうした悩みにカウンセリングを提供して、リスクレベルを判断したうえで、企業にあった情報セキュリティ対策を提案し、企業の情報セキュリティ関連の認証取得を支援していく。インフォリスクマネージは、認証取得支援コンサルティングサービスを展開しており、e-SRMを通じて、1カ月10社を獲得したいとしている。

 またe-SRM公開を記念して、認証取得支援コンサルティングサービスを3月末までキャンペーン価格で提供する。ISO27001は通常価格250万円を198万円で、Pマークは120万円を98万円で、TRUSTeは50万円を38万円で提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!