ドリーム・アーツ、情報資産を「見える化」するひびきBIチャートを発表

CNET Japan Staff 2006年03月01日 12時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドリーム・アーツは2月28日、新製品「ひびきBIチャート」の販売活動を、2006年3月1日より開始すると発表した。

 ひびきBIチャートは、同社の営業支援ツール「ひびきSALES」やプロジェクト支援ツール「ひびきPROJECT」などが持つ数値データをさまざまな形式でチャート化し、直感的なグラフを作成できる製品。チャートは、同社の企業情報ポータル「INSUITE Enterprise」上に配置される。

 ひびきBIチャートでは、マクニカ製の「B3 Smart」がエンジンとして採用されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから