サン、日本法人の社長に末次朝彦氏を任命--ダン・ミラー氏は会長に

CNET Japan Staff 2006年03月01日 14時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズは3月1日、取締役会の決議に基づき、2006年4月1日付けで代表取締役社長に末次朝彦氏(現、専務取締役)が就任することを発表した。現在、代表取締役社長を勤めるDan Miller氏は代表取締役会長に就任し、末次氏と共に引き続き日本での経営をリードする。

 この人事は、2006年7月1日から始まるサンの新会計年度におけるさらなる飛躍に向けて実施するもの。日本のITマーケットと営業において豊かな経験と実績を持つ末次氏がを代表取締役社長とすることで、日本法人一丸となって顧客の要求に応えることを目指している。

 Miller氏は、代表取締役会長として今後も日本法人に常勤し、日本法人の戦略が円滑に具現化され、かつ日本でのビジネスが効率的に実施されるよう米国本社との連携強化に取り組むことになる。

2006年4月1日付けで代表取締役社長に就任する末次朝彦氏と代表取締役会長として日本法人に常勤するDan Miller氏。

 末次氏は、1978年に国際基督教大学を卒業後、日本アイ・ビー・エムに入社し、営業部門およびマーケティング部門の要職を歴任。1999年にサン・マイクロシステムズに入社後、営業部門にて主にソフトウェア営業およびパートナー営業を統括する。2004年からは日本法人の営業活動全体を指揮している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?