インフォテリア、学校向けにXML技術教育プログラムを提供

田中好伸(編集部) 2006年03月01日 16時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 XML専業のインフォテリアは3月1日、日本電子専門学校など5校に「XMLアカデミー・プログラム」を4月から提供することを発表した。同校のほかに、東北電子専門学校、名古屋工学院専門学校、日本工学院八王子専門学校、松山コンピュータ専門学校が4月からXML教育を始める。

 XMLアカデミー・プログラムは、企業向けに提供しているXML技術教育プログラムを学生向けに改良を加えたもの。インフォテリアでは、XMLアカデミー・プログラム開催校の学生に対して、「XMLマスター」取得も支援する予定としている。XMLマスターは、XMLに関する知識や、XMLデータ処理をするアプリケーション開発、システム構築を行えると認定する資格だ。

 インフォテリアによれば、この数年のうちに普及したXMLは、ウェブアプリケーション開発に特に欠かせない技術になっており、XMLマスターを採用条件にする企業も存在し、専門学校のカリキュラムにもXMLの技術教育が求められていることに対応したとしている。

 インフォテリアでは、XMLアカデミー・プログラム開催校を増やして、2007年4月からは10校にしたいとしている。当面は、専門学校が中心となるが、大学などの教育機関からの要請があれば対応する方針だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?