日本HP、ペレグリンシステムズの国内ビジネス引き継ぎを完了

CNET Japan Staff 2006年03月02日 07時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は3月1日、2005年12月にHewlett-PackardがPeregrine Systemsの買収を完了したことを受け、同日より日本法人であるペレグリンシステムズのIT資産管理およびサービス管理のソフトウェアの販売、サポート、およびこれらに関するビジネスを引き継ぐことを発表した。

 旧ペレグリンの事業は、日本HPのテクノロジーソリューション事業統括ソフトウェア統括本部の一部門となる。ソフトウェア統括本部は、「HP OpenView」製品の販売/サポートを行う部署。これまでペレグリンシステムズと取り引きをしていた企業に対しては、順次必要な手続きを取る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?