日本オラクル、データベース製品などの無期限サポートを発表

CNET Japan Staff 2006年03月02日 08時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは3月1日、Oracle製品に対する顧客の投資を保護することを目的としたデータベース製品をはじめとするテクノロジ製品の永続的なサポートサービス「ライフタイム・サポート・ポリシー」を発表した。

 ライフタイム・サポート・ポリシーは、顧客がライセンスとサポート契約を保持する限り、原則として無期限に利用できるサービス。すべてのOracle製品における専門的な技術サポートと今後リリースされる主要製品へのアップグレードが提供される。

 同ポリシーでは、バグ修正のパッチ作成や新たな動作保証などの技術サポートを提供する「Premier Support」を製品出荷時から5年間、その後、特定リリースにおいてバグ修正のパッチ作成期間を延長する「Extended Support」を3年間、ライセンスを保持する限り原則として無期限にサポートサービス契約を継続できる「Sustaining Support」の3種類が提供されている。

 日本オラクルでは2005年10月に、アプリケーション製品向けの「ライフタイム・サポート・ポリシー」を発表しており、。今回の発表により同社が提供するすべての製品で無期限サポートが提供されることになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから