アッカ、中小企業向けアクセス回線にウィルコムのPHSを追加する方向で検討

2006年03月02日 15時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アッカ・ネットワークスは3月2日、中小企業向けネットワークサービスのアクセス回線として、ウィルコムのPHSサービスをメニューに追加すると発表した。アッカは、追加に向け、具体的なパートナ戦略と営業戦略の検討を始めた。

 アッカは、2006年1月より中小事業所向けネットワークソリューションの開発と、協業パートナの開拓を進めてきた。2月には、販路開拓およびパートナ企業の拡大を目的とした子会社アッカ・ソリューションズを設立し、開発に本格着手した。

 これまで、ネットワークソリューションのアクセス回線にはADSLと光回線を提供していたが、アッカでは「今後さらに無線アクセスを加えることで、ユーザーの多様化するニーズに応えたソリューションを開発し、パートナ企業と共同で多彩なメニュー展開を推進していく」としている。また、端末同士が通信するMtoMサービスのアクセス回線として、PHS採用も検討する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!