日本SGI、アドビ製品を基盤とするドキュメント管理セキュリティビジネスを開始

CNET Japan Staff 2006年03月03日 06時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本SGIは3月2日、アドビシステムズの国内正規販売店「Adobe Master Solution Reseller(AMSR)」として販売している同社のサーバ製品「Adobe LiveCycle Policy Server」を活用したドキュメント管理セキュリティのコンサルティングビジネスを本格的に展開すると発表した。

 この新ビジネスは、Adobe PDF形式のドキュメントの利用、閲覧を動的にコントロールでき、情報の流通とセキュリティを両立させる「Adobe LiveCycle Policy Server」と、同社の情報セキュリティコンサルティングサービスや情報漏洩防止ソリューション「時限くん」を組み合わせて提供する。

 すでに、日本SGIは三菱マテリアルの製造業向けPDFファイルを使った図面管理ソフトウェア「M2S eZuShare(エズシェア)」の構築を技術支援した。同システムは、Adobe LiveCycle Policy Serverとの連携により、PDFファイルが社外流出した場合の閲覧操作禁止や、閲覧、印刷などの利用状況を遠隔監視できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR