IBMなど3社、個人情報管理のオープンソース活動「Project Higgins」を推進

CNET Japan Staff 2006年03月03日 06時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBM、Novell、Parity Communicationsは2月27日、オープンソースプロジェクトである「Project Higgins」に、3社共同でコードを提供していくことを発表した。

 Project Higginsは、オープンソース団体であるEclipseが運営し、ハーバード大学法科大学院バークマンセンターが開発した概念をベースに、個人情報管理に対するユーザーのコントロール能力を強化するソフトウェアの開発を目的としている。

 同プロジェクトのソフトウェアを利用すると、銀行口座、電話、クレジットカードなどの番号や、医療記録、職務履歴などオンラインで扱う個人情報をユーザー自身が管理できるようになる。

 3社は、Project Higginsにソフトウェアのソースコードを寄贈し、今後他企業に対しても、同プロジェクトへの参加を促していく。IBMは、同プロジェクトの技術をIBMの管理ソフトウェアであるTivoli製品群やIBMコンサルティング部門のサービスに組み込みたい考えだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!