日本HP、HDDレスのデスクトップPC2機種、ネットブートシステム対応で

WebBCN (BCN) 2006年03月03日 11時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小田晋吾社長)は3月2日、HDDを 搭載しないデスクトップPC「ディスクレスPC」2機種を発売した。価格は「HP Business Desktop dx5150 SF ディスクレスモデル」が7万3290円、「HP Compaq Business Desktop dc5100 SF ディスクレスモデル」が8万8200円。

 米・アーデンス社が提供するネットブートシステムに対応した「ネットブー ト方式」を採用。OSやアプリケーションソフトウェアなどをネットワーク経由 で管理サーバーから起動できるため、HDDが不要。また、OSやアプリケーショ ンを含む複数のブートイメージを仮想ディスクとして1つの管理サーバー上で 一元的に管理できるため、運用コストを大幅に削減できる。さらに、ストレー ジ機能を外部に持つ以外は通常のデスクトップPCと同様に利用が可能で、アプ リケーションや周辺機器などの既存資産をそのまま利用することができる。

 従来のシンクライアント方式では、さまざまな処理をサーバー側で行って、 クライアント側では画面を表示するのみ。一方「ネットブート方式」は、ネッ トワークを通じて、管理サーバー上の仮想ディスクからOSを立ち上げ、その後 の演算処理はすべてクライアント側のディスクレスPC上で行う。起動時にOSや アプリケーションをネットワーク経由で読み込むため、最低100Mbps以上のギ ガビットイーサネット環境が必要。しかし、クライアントPCの処理能力を最大 限に生かせる上、これまでの資産や運用方法などをそのまま利用できるため既 存環境からの移行も簡単というメリットがある。

 システムは、クライアント端末としてのディスクレスPCに加え、「Ardence管理サーバー」と「I/Oサーバー」の2台のサーバーで構築できるため安価。デ ィスクレスPCはHDDを追加すれば通常のクライアントPCとして利用が可能で、 通常のクライアントPCへの転用、再配置にも柔軟に対応できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから