オレガディール、「オレガ」に社名変更、デル日本法人前会長吹野氏が会長に

WebBCN (BCN) 2006年03月03日 11時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 システム開発ベンチャーのオレガディール(三好修社長)は3月1日、社名を 同日付けで「オレガディール」から「オレガ」に変更し、吹野博志取締役が取 締役会長に就任する人事を発表した。

 吹野氏は、これまでデル日本法人の会長や半導体ベンチャーなどの役員を務 めており、オレガではその経営手腕を見込み、会長職を新設し就任を要請した。 同時にコニカミノルタホールディングスの前常務執行役CIOの新谷恭將氏を顧問 に迎え、経営のアドバイザリーボードも設置した。座長を三好修社長が務め、吹 野博志会長、塩田英一郎・取締役開発本部長、小宮山亮・取締役管理本部長がメ ンバーとなって運営。経営の意思決定のスピードを上げることで2年後に予定す るIPOに備える。オレガの06年2月期の売上高は3億5000万円。

 社名変更については、海外のユーザーが同社の英文表記「OREGADARE」をオ レガディール」と読めないことが多く、国内のユーザーからも同様の声があっ たことが理由だとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!