エムオーテックス、人のつながりを管理するメール・セキュリティ・システム

WebBCN (BCN) 2006年03月07日 11時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エムオーテックス(高木哲男社長)は、メールセキュリティシステム「LanScope Guard2」を発売した。価格は100クライアント76万8000円から。

 社内外を問わずメールの送信者、受信者を把握できる「メールコネクション情報」の取得機能を搭載。特定の人がメールを出している社外の人脈をはじめ、指定した期間のメール数、時間帯、添付ファイル、禁止メールの送信状況などがワンクリックで表示できる。

 またメール情報を利用して「なぜメールを送信する必要があったのか?」「本来送信すべき人へのメールだったのか?」といったことを分析し問題抽出も行える。そのため、不正なメール送信、業務に不適切な私用メール運用の管理ができる。

 エムオーテックスのネットワークセキュリティ管理ツール「LanScope Cat5」との統合も可能。システムを統合すれば添付ファイルのログをファイルの生成から編集・コピー操作などまで監視でき、ネットワークセキュリティの向上が見込める。すべてのメールを保存・記録・追跡して残すため、内部統制・日本版SOX法対策にも効力を発揮できる。

 対応OSはサーバーでWindowsNT4.0 Server SP6以上、Windows2000 Server SP4以上、Windows Server2003 Standard Editionなど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR