住商情報システム、最大224テラバイトのMAID型ディスクストレージ製品を発売

ニューズフロント 2006年03月07日 14時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住商情報システムは3月7日、米COPAN Systemsのディスクストレージ製品「Revolution 200シリーズ」の販売およびサポートを開始した。価格は、記憶容量28テラバイトの最小構成時で2800万円。3月20日に提供を開始する。

 Revolution 200シリーズは、これまでテープライブラリが果たしてきた役割をハードディスク(HDD)アレイで実現するMassive Arrays of Inactive Disks(MAID)タイプのストレージ製品。データアクセス時に必要なHDDのみを稼働するよう制御し、RAIDシステムの高速性および信頼性と、テープライブラリの大容量および省電力性を両立させる。

 シリアルATA(SATA)対応3.5型HDDでRAID5構成とし、記憶容量は28テラバイトから224テラバイト(近日中に448テラバイトに拡張する予定)とする。仮想テープライブラリ(VTL)およびNFSとして運用できる。大きさは、幅30インチ(約76cm)、奥行き48インチ(約122cm)、高さ87インチ(約221cm)で、設置面積は約1平方メートルで済む。

 すべてのHDDに常時電源が入る通常のRAIDサブシステムと比べ、電力消費は4分の1以下となる。そのため、発熱量を大幅に低減するとともに、UPSなどの電源設備や空調設備への負荷を最小限に抑え、運用コストの抑制、削減が図れる。

 住商情報システムでは、初年度に20社、30システム、10億円の販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR