次世代FeliCaカード採用の「FeliCa PKI Option」--ソニーの社員証にも導入

目黒譲二 2006年03月07日 19時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーブロードバンドソリューション(SBS)は3月7日、次世代FeliCaカードを採用した「FeliCa PKI Option」の販売を開始すると発表した。

 FeliCa PKI Optionは、FeliCa対応社員証内の電子証明書とPINを組み合わせた本人認証により、使いやすく、かつ秘匿性の高いセキュリティを実現するPKIプラットフォームだ。

 FeliCa PKI Optionでは、接触と非接触のデュアルインターフェースICを搭載した次世代FeliCaカード内に、電子証明書とそれに対応する秘密鍵を格納。これまで実現できなかったFeliCaカード内でのRSAの暗号演算処理も可能になった。

 また、電子証明書によりファイルの暗号化やOffice文書、Acrobat PDF文書などのドキュメントに電子署名をすることで、なりすまし、データの改ざんや情報漏えいを防ぐことができる。さらには、入退出管理、ID認証プリンタ、ID認証電子錠ロッカーなどのリアル環境と、電子証明書を利用したPCログオン認証、ネットワーク認証などのサイバー環境での複数の業務アプリケーションのセキュリティ管理を一元化できる。

 SBSは4月1日より、学校、官公庁、一般企業などに対し、FeliCa PKI Optionや電子証明書の初期発行、電子証明書を発行する認証局の構築と運用サービスの提案および販売活動を展開する。初年度は5万ユーザーの受注を見込んでいる。すでにソニーおよびソニーグループ会社の社員証に採用されることが決定しており、秋より順次導入を開始する。価格は1ユーザー1万6000円からで、カード、ソフト、ICカードリーダ/ライターのPaSoRiが含まれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!