アイログ、最適化エンジンの新バージョン「ILOG CPLEX 10」を発表

CNET Japan Staff 2006年03月08日 03時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイログは3月7日、同社の最適化ソフトウェアの最新版「ILOG CPLEX 10」の提供を同日より開始すると発表した。

 ILOG CPLEX 10は、デバッグツール「Conflict Refiner」や、解の選択肢を提供する「Solution Polishing」といったさまざまな新機能を備えている。現行バージョンで提供されていた機能も強化され、複雑な問題解決時のパフォーマンスを35〜70%向上させている。

 今回の発表に伴い、同社は最適化モデルを設計および展開するための統合開発環境(IDE)の最新版「ILOG OPL Development Studio 4.2」も発表した。同製品はILOG CPLEX 10をサポートするための機能を強化し、Conflict Refinerとの連携機能を装備。数理モデルを容易にデバッグできるようにしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?