ポイント、経営情報システムをIBMなどの製品で刷新

CNET Japan Staff 2006年03月08日 03時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カジュアルウェア専門店チェーンのポイントは3月7日、店舗の経理効率化と、より戦略的な商品開発や店舗展開を目的に、売上情報や経費データなどを扱う同社の経営情報システムを刷新する計画を発表した。新しいシステムは、2006年半ばの完成を目指す。

 これまでポイントでは、本社の担当者がひとりで全国約300カ所に展開する店舗のテナント料や光熱費などを会計システムに手入力していた。請求書の内容はデベロッパーによって異なるため、作業が煩雑になり、さらに売上高と店舗数も増加に伴って請求書の数や種類も増加。担当者の負担増と手作業による入力ミス発生への懸念からシステム刷新を決めた。

 今回のプロジェクトの第1弾としてポイントは、新たな会計システム「デベロッパー家賃精算システム」を構築。同日より稼働せた。同システムには、請求書のフォーマットに則して画面を設計できる機能や、新たなフォーマットを容易に追加できる機能、バックエンドシステムとの連携機能などが搭載されている。ポイントでは、これで入力作業コストを3割程度削減できると見込んでいる。

 システム面では、入力画面サービスにIBMの「WebSphere Business Integration」およびウィングアーク・テクノロジーズの帳票入力支援ソリューション「StraForm-X」を採用した。システムの構築は、テクノロジー・エイトが担当している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?