富士通、ICタグによる電子媒体管理システム構築へ

ニューズフロント 2006年03月08日 14時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は3月8日、みずほ信託銀行の証券代行業務向けとして、無線ICタグ(RFID)による電子媒体管理システムを構築すると発表した。システムは、2006年6月に本格運用を開始する予定。

 構築するシステムは、業務情報の格納されたマイクロフィルムとCD-ROMにRFIDを直接貼り付け、RFID内の情報を読み取ることで、電子媒体の保管場所などを管理する。保管場所の出入り口に監視ゲートを設置すれば、不正持ち出しの検知も可能となる。RFIDは、952M〜954MHzのUHF帯対応品を使う。

 みずほ信託銀行は、富士通の構築したRFIDベースの電子媒体管理業務システムを導入し、2005年6月より実際に使用している。現行システムではCD-ROMのケースにRFIDタグを貼り付けるのに対し、新システムはマイクロフィルムのリールやCD-ROMに直接貼り付けるため、電子媒体そのものを確実に管理できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?