マイクロソフトとスマーター・リテイリング・フォーラム、未来型店舗システム標準を公開

CNET Japan Staff 2006年03月09日 07時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは3月8日、同社が代表幹事を務め、参加企業450社の組織「スマーター・リテイリング・フォーラム」と共に新たな店舗システム基盤の標準仕様を完成したことを発表した。

 スマーター・リテイリング・フォーラムは、流通業に関連する多様な業務アプリケーションを、短期間かつ柔軟に構築することを狙いとして活動している。

 今回の新店舗システム基盤では、電子マネー、RFIDなどに対応するPOSシステムをはじめ、売上げ、顧客、商品情報のリアルタイム効率活用などが実現できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!