マイクロソフトとBMC、ITIL準拠の「IT統制支援ソリューション」を共同提供

ニューズフロント 2006年03月09日 14時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトとBMCソフトウェアは3月9日、ITシステム運用/管理向け業界標準であるIT Infrastructure Library(ITIL)に準拠したITサービス/管理製品「IT統制支援ソリューション」を提供すると発表した。

 IT統制支援ソリューションは、BMCソフトウェアのITIL準拠業務フロー自動化ツール「Remedy ITSM Suite」と、マイクロソフトのWindows運用管理製品「Microsoft Operations Manager(MOM)2005」および「Microsoft Systems Management Server(SMS)2003」を連携させる。具体的には、「インシデント管理」「変更管理」「アセット管理」「サービスレベル管理」という4種類の機能を提供する。

 構成管理データベースを中核とし、ハードからソフト、ネットワークまでの構成要素をITILに基づいて整理、統合する。その結果、ヘルプデスクから実際のITサービスの運用部門まで、企業におけるITサービスのプロセス統合を実現できる。

 IT統制支援ソリューションは、両社のSIパートナおよびコンサルティングパートナを通じて提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR