マイクロソフト、小売サービス業界向け「Windows Embedded for Point of Service」新版を発表

CNET Japan Staff 2006年03月10日 03時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは3月8日、小売業に特化して提供されるソフトウェアプラットフォーム「Windows Embedded for Point of Service version 1.1(WEPOS V1.1)」の提供をグローバルで開始すると発表した。

 WEPOSは、RFIDタグ読み取り装置や生体特徴認識装置などをサポートし、既存の周辺装置の有効活用して低コスト導入できることが特長。Virgin MegaStores(米国)、Hollywood Video(米国)、Brown Shoe(米国)、NorgesGruppen(ノルウェー)、Charles Vogele(ドイツ)、De Bijenkorf(オランダ)といった小売り企業がすでに採用した実績を持つ。

 新バージョンとなるWEPOS V1.1では、小売業向け周辺装置の標準であるUPOS(UnifiedPOS)の最新バージョン1.9のサポート、硬貨支払機、施錠装置、磁気インク文字読取装置(MICR:Magnetic Ink Character Recognition)、POS電源供給装置、計量装置、署名認識装置、トーンインジケータ(音によってシステムの状況や操作状況を知らせるための装置)といった周辺装置のサポート機能が搭載されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!