MS、3月の月例パッチを予告--OfficeおよびWindows向けのパッチをリリース予定

文:Joris Evers(CNET News.com)
翻訳校正:河部恭紀(編集部) 2006年03月10日 11時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは月例パッチリリースの一環として、米国時間3月14日に「Office」および「Windows」の脆弱性に対応するセキュリティ情報をリリースする予定だ。

 Officeに関するセキュリティ情報は同社の深刻度評価基準では最も高い「緊急」に認定したと、Microsoftのサイトに9日に掲載された告知には記されている。一方Windowsに対する勧告は、同社の評価基準の最高ランクから2番目の「重要」となっている。

 Microsoftでは、ユーザーの特別な作業を必要としなくても、悪質なインターネットワームが拡散し得るセキュリティ上の脅威を、常に「緊急」と認定している。「重要」と認定された問題は、悪用されると、データの機密性、完全性、可用性や、リソース処理の統合性や可用性を損なうおそれがあるものだと、Microsoftは説明している。

 Microsoftは2006年2月に、OfficeおよびWindowsの脆弱性を修復するセキュリティパッチを7件リリースした。そのうち、緊急とされたのは2件だった。8日には、2月にリリースされたパッチの1件を適用すると、Microsoftの「Windows Media Player 10」ユーザーが悪影響を受ける可能性があることが明るみに出た。

 Microsoftの告知では、今回のパッチでWindowsおよびOfficeのどのコンポーネントが修復されるのか、また修復される欠陥が何点あるのかは特定されていない。eEye Digital Securityのセキュリティ研究者らは、パッチのリリースが遅れていると考えられる1件の脆弱性を、みずからのサイトに掲載している。

 月例パッチリリースの実施日には、「Windows Malicious Software Removal Tool」のアップデート版も提供される予定だ。このソフトウェアは、コンピュータに侵入した一般的に知られる悪質なコードを検知および削除するもの。

 Microsoftは今回のセキュリティアップデートについて、Officeのパッチを適用した場合はコンピュータの再起動が必要だという以外の情報を明らかにしていない。Windowsのパッチでは、再起動は必要ないという。

 Microsoftは、アップデートをインストールするための準備期間をユーザーに与えるため、パッチリリースに関する情報を事前に告知するようにしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!