IPA、セキュリティベンダー4社と緊急時の情報共有などで連携へ

ニューズフロント 2006年03月10日 11時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報処理推進機構(IPA、藤原武平太理事長)は3月9日、セキュリティベン ダーのシマンテック、トレンドマイクロ、マカフィーと共同で、国内の情報ネ ットワークに混乱が発生した時や、発生の恐れがある緊急時に、相互に連携・協調して活動できるよう連絡体制や情報共有体制を整備したと発表した。

 緊急時の連絡体制の整備のほか、情報ネットワークに多大な混乱をきたす恐 れのあるウイルスなどの情報共有、IPAでの情報集約と情報提供の強化、緊急 時における情報提供の相互協力などを行う。これにより、緊急時は、ホームペー ジ、電話、FAXによる情報発信を行うとともに、報道機関などへの情報提供を 迅速に行えるようになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?