OSDL、メンバーSI企業の活動成果を「Linux/OSSシステム構築情報」として公開

ニューズフロント 2006年03月13日 16時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 企業分野でのLinuxの普及促進を目的とする業界団体Open Source Development Lab(OSDL)は3月13日、OSDLメンバーのシステムインテグレータ(SI)によるワーキンググループSI Forumの活動成果をまとめ、Linuxおよびオープンソースソフト(OSS)を活用、導入する際の参考となる文書「Linux/OSSシステム構築情報」として公開を開始した。OSDLのウェブサイトから無償で入手できる。

 SI Forumワーキンググループは、LinuxおよびOSSでシステムを提案/構築する際の共通課題に関する意見交換と、Linux/OSSの活用促進を目的に、OSDLメンバーのSI各社が2005年2月25日に設立した。現在、13社が参加している。

 Linux/OSSシステム構築情報は、Linux/OSS活用の課題分析、提案依頼書(RFP)作成の手引き、OSSシステム要員を養成するための情報、活用事例、Linuxディストリビューションと対応アプリケーションの動作情報、OSDLに加盟しているOSS取り扱いSIの情報を提供する。

 OSDLでは、今後も情報を追加、更新していくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR