NEC、中国で日本および中国企業向けITアウトソーシング事業を強化

ニューズフロント 2006年03月13日 19時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは3月13日、NECの中国ソリューション事業を統括するNEC信息系統(中国)(NECソリューションズ(中国))と連携し、中国における企業向けアウトソーシング事業を強化すると発表した。

 これにより、NECは、日本国内のシステム運用および監視業務を中国でのオフショア運用サービスと、日本ならびに中国の顧客のサーバを中国のデータセンタで管理するデータセンタサービスを、新たに提供する。

 オフショア運用サービスでは、情報システムの運用と監視業務を、中国国内に配置した専門要員で代行する。中国に設置されたサーバだけでなく、日本国内のサーバの運用もネットワーク経由で実施できるため、NECでは「システム運用にかかわる人的コストを大幅に削減可能」と説明する。

 データセンタサービスでは、NECソリューションズ(中国)のデータセンタで顧客企業のサーバを管理する。基幹システムの災害対策や業務継続などとしても活用できるという。

 当初、NECとNECソリューションズ(中国)は、同サービスを日本国内と、中国で日本企業向けに提供する。その後、中国の企業にも対象を拡大していく。同サービスの利用に関するコンサルティングサービスや関連機器の提供なども合わせ、中国でのアウトソーシング関連事業で今後3年間に20億円の販売を見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?