ゼンド、「Zend Framework」プレビュー版の配布を開始

CNET Japan Staff 2006年03月13日 20時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Zend Technologiesは3月3日、「Zend Framework」のウェブサイトをオープンし、プレビュー版の配布を開始したことを発表した。

 Zend Frameworkは、ZendがPHPコミュニティおよび独立系ソフトウェアベンダーと協力して、PHPアプリケーション構築方法を標準化するオープンソースのFramework作成プロジェクト。オープンソースコミュニティや、ZendのパートナーおよびユーザーがPHP開発/運用環境を作り上げていく「PHP Collaboration Project」の一環で、IBMやOracle、MySQL、Intelなどが参画している。

 プロジェクトの構想は、2005年10月にサンフランシスコで開催されたPHPイベント「Zend / PHP Conference」で発表されていた。Zend Frameworkのダウンロード、マニュアルなどのコンテンツを含むこのサイトは、今後プロジェクトの基盤的な役割を果たすことになる。

 今回のリリースは、開発者向けの機能評価用。Zend Frameworkの機能や動作を確認できる。実装されているコンポーネントは、「Zend_Controller」「Zend_View」「Zend_Db」「Zend_Feed」「Zend_HttpClient」「Zend_InputFilter」「Zend_Json」「Zend_Log」「Zend_Mail」「Zend_Mime」「Zend_Pdf」「Zend_Search_Lucene」「Zend_Service」「Zend_XmlRpc」など。

 なお、ダブルバイトに対する配慮は特になく、日本語環境においてはそれを考慮してテストする必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから