マクニカ、セキュアLANコントローラ「ConSentry」を4月に発売

ニューズフロント 2006年03月14日 16時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクニカネットワークスは3月14日、ConSentry NetworksのセキュアLANコントローラを「ConSentryセキュアLANコントローラCSシリーズ」として4月より販売すると発表した。税込み価格は462万円の予定。

 ConSentryセキュアLANコントローラは、シスコシステムズの自己防衛型ネットワーク構想Network Admission Control(NAC)に対応した社内LANセキュリティ対策装置。利用しているユーザーを可視化し、ユーザーによるアクセスを制御して、インサイダーによる不正アクセスからLAN上の情報資産を保護する。

 NAC機能では、ネットワークにアクセスするユーザーを認証し、端末の状態を確認して、社内ネットワークへのアクセスを制御する。ユーザーごとに定められたアクセスポリシーに基づいて接続を制御するユーザーアクセスコントロール機能や、ネットワークに接続しているユーザーの状態をリアルタイムに監視するといった機能を備えている。

 なお、ConSentryセキュアLANコントローラはユーザーおよび既存ネットワークインフラに対して透過的であるため、容易に導入できるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!