アプレッソとビーコンIT、EAI/ETLなどのデータ連携分野で提携

CNET Japan Staff 2006年03月15日 06時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アプレッソとビーコンITは3月14日、両社のソリューション拡販を目的に提携することを発表した。この発表によりEAI/ETLなどのデータ連携分野で培ったノウハウと技術力を組み合わせることで、製品機能および販売チャネルを強化する。

 今回の業務提携により、アプレッソのEAIツール「DataSpider」と、メインフレームとの連携やコード変換対応が得意なビーコンITのETLツール「Waha! Transformer」を組み合わせたソリューションを提案する。

 製品連携では、「DataSpider Servista」にメインフレームをXML/Web化するビーコンITのミドルウェア「EXTES Xuras」をバンドルするなどの施策を実施。ビーコンITは直接、アプレッソはリセラーによる間接販売でこれらの製品を提供する計画だ。

 両社は、販売活動およびマーケティング活動で協業し、初年度5億円の売上を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから