ミヤチユニテック、Salesforce利用の業務プラットフォームを完成

CNET Japan Staff 2006年03月15日 06時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セールスフォース・ドットコムは3月13日、ミヤチユニテックコーポレーションが「Salesforce SFA」「Salesforce Marketing」「Salesforce Service & Support」を利用していることを明らかにした。

 ミヤチテクノスの米国法人であるミヤチユニテックは、オンデマンドプラットフォーム「AppExchange」を活用してSalesforceをカスタマイズし、ERPアプリケーションと顧客とのやり取りを管理するフロントエンドのアプリケーションを統合。製造から販売、サービスおよびサポートに至るすべてのオペレーションを一元管理できる情報管理システムとして利用している。

 このシステムにより、たとえばグローバルに拠点を置くミヤチユニテックの営業部門では、製品サンプルを要望する顧客データの入力や発注の処理などを容易に行えるようになり、営業部門の責任者はリアルタイムに状況をトラッキングすることが可能。プロセス改善で社内の確認作業が70%削減でき、時間とコストの削減も達成している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR