マイクロソフト、Winny経由で情報流出させるAntinyの対策強化--削除ツールを提供

ニューズフロント 2006年03月15日 14時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは3月15日、PC内の情報をファイル共有ソフトWinny経由で外部に流出させるワームAntinnyなどへの対策を強化するため、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」でいわゆる暴露ウイルスを駆除できるようにしたと発表した。

 悪意のあるソフトウェアの削除ツールは、マイクロソフトがセキュリティ更新プログラムとともに毎月定期的に提供しているウイルス、ワーム駆除ツール。3月15日の時点で、情報漏えいに関連する43種類の暴露ウイルスを駆除できる。

 同ツールで暴露ウイルスを駆除するには、Microsoft Update(またはWindows Update)、自動更新機能、悪意のあるソフトウェアの削除ツールウェブサイトWindows Server Update Servicesといった機能を使う。マイクロソフトは、PC上で動かして駆除できる単体実行版をウェブサイトで公開している。

 さらに、マイクロソフトは、Winnyに関するセキュリティ上の脅威や対策方法などについて、ウェブサイトで情報提供している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?