NTTコムがWindowsベースの共用ホスティングサービスを提供--OSにWindows Server 2003

田中好伸(編集部) 2006年03月15日 21時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は3月15日、Windowsをベースにした共用ホスティングサービス「メール&ウェブ Windows Edition」を提供することを発表した。3月24日から申し込みを受け付け、4月14日から利用できる。

 メール&ウェブ Windows Editionは、ウェブサーバのOSに「Windows Server 2003」を採用。(1)プランW1、(2)プランW2、(3)プランW3――の3つのサービスプランから選ぶことができる。プランW1は、マイクロソフトのプログラミングフレームワーク「ASP.NET」に対応しており、「Visual Studio」などの開発ツールを利用することで、HTMLコンテンツを動的に生成するウェブページを効率的に開発し、サーバ上で動作させることができる。

 プランW2では、ASP.NETに加え「Microsoft SQL Server 2000」を使用したデータベースを利用できる。プランW3は、ASP.NETとSQL Server、さらに「マルチサイト機能」も利用できる。マルチサイト機能とは、複数のドメインのウェブサイトを公開することができる。

 月額料金は、プランW1が1万500円、プランW2が2万1000円、プランW3が3万1500円となっている。なお、利用できるメールアドレス数、ウェブサイト用のディスク容量、メール用のディスク容量はプランごとに異なっている。

 今回発表したサービスは、NTTコムが運営するOCNホスティングサービスのラインナップのひとつとなる。3月24日から5月31日までに申し込んで、6月30日までに利用開始するユーザーに対して、初期費用を無料にするキャンペーンを実施する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!