テイルバックなど3社、データ改ざんストレージサービスを発表

CNET Japan Staff 2006年03月16日 07時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テイルバック、日本ネットワーク・アプライアンス、ユーディービー・リナックス・ジャパンの3社は3月15日、日本版SOX法の施行を視野に入れたデータ改ざん防止を可能にするストレージサービス「GrowServerエンタープライズサービス」で提携し、テイルバックが同サービスを3月20日より提供すると発表した。

 今回提供を開始するのはその第1弾となる「ファイルサーバサービス」。従業員300人程度までの企業を対象とし、各種法令規制に対応するための課題を解決する。コンプライアンスのための厳格なデータ管理に対応できる環境として、仮想化技術を活用し短納期でサーバとストレージ環境を包括的にテイルバックが提供する。

 今後は、サービスをメールアーカイブや会計システムに拡大し、ネットワーク全体を見据えたより包括的なサービスを提供する予定だ。月額料金は21万円から。2008年までに、160社への販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!