ハンモック、Winnyの有無を確認、削除する対策ソリューションを発表

目黒譲二 2006年03月16日 18時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハンモックは3月16日、ファイル共有ソフト「Winny」による情報流出を防止する「Asset View HYPER for Winny対策ソリューション」を発表した。

 Asset View HYPER for Winny対策ソリューションは、ハンモックが開発したPCライフサイクル管理ツールAsset View HYPER シリーズをベースにした、管理者向けWinny対策システム。社内ネットワークのクライアントPCにおけるWinnyの有無を確認、検出できるほか、どのPCのどの場所でWinnyが稼動しているのか監視したり、Winnyが稼動するPCをリモートコントロールしてWinnyを強制終了することが可能。また、削除用バッチファイルを作成し、Winnyを削除することもできる。

 参考価格は、50〜99クライアントの場合、5850円からとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!