アップデートテクノロジー、自社製品ユーザーにWinny起動阻止ツールを無償提供

目黒譲二 2006年03月16日 19時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップデートテクノロジーは3月16日、ファイル交換ソフト「Winny」の起動を阻止するツール「ウィニーストッパーVer.1」を、「アップデートエキスパート Ver.6.1」の登録ユーザーに対して3月23日より無償で提供すると発表した。また、30日間使用可能な限定評価版をホームページで公開する。

 ウィニーストッパーは、Winnyの起動処理を監視し、起動を阻止できるツールだ。同社が販売するシステム管理者向けパッチマネジメントソフト、アップデートエキスパート Ver.6.1の登録ユーザーに対して、無償ユーザーライセンスで提供する。ユーザーライセンスで提供することによって、企業内のみならず従業員の自宅のPCにもインストールすることができ、自宅PCからのデータ流出を阻止できる。

 アップデートテクノロジーは今後、ウィニーストッパーとアップデートエキスパートとの連携機能を高め、ウィニーストッパーをリモートからプッシュ形式でインストールし、企業コンピュータのWinny禁止パソコン化を徹底する機能などを追加する予定だ。

 将来的には本製品を改良し、企業と家庭のPCの情報漏えいなどを引き起こすマルウェアの発見、動作の防止と監視ができる製品や、アップデートエキスパートとは切り離した、Winnyの動作阻止のみを目的とした単独製品を、第2四半期の提供を目指して開発するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR