東レシステムセンター、オープンソースのBIツール「OpenOLAP」を外販へ

CNET Japan Staff 2006年03月17日 08時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイエイエフコンサルティングは3月16日、東レシステムセンターがオープンソースのビジネス・インテリジェンス(BI)ツール「OpenOLAP」を外販することを発表した。アイエイエフコンサルティングは、OpenOLAPの開発元。

 東レシステムセンターは、基幹システムである「プロジェクト会計システム」から定型の紙でしか出力されなかった部課別の損益、労務費などを月次、プロジェクトごとなど、さまざまな切り口で出力できる仕組みをOpenOLAPにより実現。OpenOLAPを組み込んだ社内BIシステムは、2005年末に完成し、2006年から社内の管理職を対象に運用を開始している。  

東レシステムセンターでは、このOpenOLAPの導入によりノウハウを蓄積。OpenOLAPの外販を決定した。この間アイエイエフコンサルティングは、東レシステムセンターに対し、トレーニングやサポートを提供している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!