ナカニシ、ウェブサイト構築基盤にアシストの「NOREN4」を採用

CNET Japan Staff 2006年03月17日 08時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アシストは3月16日、同社が日本国内の独占販売権を取得しているCMS製品「NOREN4 Content Server」を、歯科用/産業用モーターなど高速回転器製造のナカニシが採用したことを発表した。

 ナカニシでは、2003年ごろからウェブサイトを企業イメージを高めるための重要なツールと位置付け、世界120カ国以上の顧客への高品質かつタイムリーなサービス提供を目指し強化してきた。同社は海外での売上が8割を占め、北米、欧州、アジア圏の各医療機器メーカーとの競合に勝つために、海外拠点も含めたウェブサイト全体のリニューアルを計画した。

 ナカニシがウェブサイトに求めたのは、追加や改修が頻繁に発生する多種多様な製品情報を迅速に公開できることや、日本国内で一元管理されている情報を海外へと素早く展開できる仕組み、コストパフォーマンスなど。これらに対応できることや多言語対応が決め手となり、NOREN4が採用された。

 ナカニシでは、導入の第1弾として英語サイトのリニューアルから着手し、導入から2カ月を経た2月10日に第1次カットオーバーを迎えた。続いてアジア圏へと展開し、6カ国語以上の対応を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR