東京ガス・エンジニアリングなど3社、セールスフォースの「AppExchange」向けGISソリューションを発表

CNET Japan Staff 2006年03月17日 08時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京ガス・エンジニアリング、ザ・ヘッド、セールスフォース・ドットコムの3社は3月16日、東京ガス・エンジニアリングのオンデマンド地理情報システム(Geographic Information System:GIS)ソリューション「GeOAP(ジオープ)」 の「AppExchange」版を発表した。

 GeOAPは、Salesforceで管理する住所情報などと連携できるるGISソリューション。利用者の目的に応じて容易にカスタマイズすることができ、プロット図・経路図・エリアマーケティング目的の地図や、地図から得られる文字情報(経路距離・エリアごとのデータ数など)を活用してGIS業務アプリケーションを構築できる。

 セールスフォース・ドットコムのオンデマンドプラットフォーム「AppExchange」上に構築されており、同日より利用可能になっている。AppExchange版の開発、販売はザ・ヘッドが担当。価格は初期コストが52万5000円より。ランニングコストとしては月額1万2600円より。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!