ミントウェーブ、Linuxベースのシンクライアント専用OS Basil搭載端末

WebBCN (BCN) 2006年03月17日 11時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミントウェーブ(中澤伸矢社長)は、Linuxベースのシンクライアント専用O S Basil(バジル)を開発、Basil搭載端末「MiNT-ACC mini-30U」を3月15日に 発売した。価格はオープン。

 現在販売中の「mini-30C」のハードウェアにBasil OSを搭載したモデルで、 シトリックス・システムズ社のCitrix Presentation ServerとGraphOn社のGO −GlobalRに対応する。CPUはAMDのGeode GX、メインメモリ128MBとフラッシュ メモリ32MBを搭載した。本体サイズは幅57×高さ210×奥行き160mm、重さは0. 84kg。無線LAN、タッチパネル、ネットワークブートに対応し、IEEE 802.1xプ ロトコルとRADIUSサーバーによる認証機能をサポートする。

 製造・流通・サービスなどの民間企業、自治体官公庁、病院、図書館、文教 をターゲットに初年度2万台の販売を目指す。またBasil OS単体も、シンクラ イアントベンダーなどへの提供を開始した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR