ソフトイーサ、「PacketiX VPN 2.0 Free Edition」の無償提供を一部終了

目黒譲二 2006年03月17日 19時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトイーサは3月17日、昨今のセキュリティに対する社会情勢を考慮し、「PacketiX VPN 2.0 Free Edition」の提供形態を変更すると発表した。

 PacketiX VPN 2.0は、離れた場所にあるコンピュータやネットワーク同士を、暗号化されたカプセル化通信により接続でき、途中にファイアウォール、プロキシ、NATなどの既存の物理ネットワークが存在する場合や、拠点間のVPNの構築が困難な環境下でも、それらの障壁を回避してVPN(Virtual Private Network)を構築してできるVPNソフトウェアだ。

 ソフトイーサはこれまで、業務利用を前提としない個人ユーザーに限りFree Editionを提供してきたが、3月31日をもって、個人ユーザー向けのライセンス配布を終了する。

 一方、大学などの研究機関や非営利目的の研究団体および個人ユーザーには、引き続きFree Editionを提供する。しかし利用にあたっては、研究課題の内容や管理者、連絡先などを記した申込書の提出、ソフトイーサからの許諾証明書の発行、利用者とソフトイーサの覚え書きが必要となる。また、システム構築事例や研究の成果物をソフトイーサへ報告しなければならない。

 今回、個人ユーザー向けの配布を中止するに至った理由は、ITシステム関係の識者、企業のシステム管理者より「PacketiX VPN 2.0は、使い方によってはセキュリティホールの要因やシステムクラックのツールともなりうるため、匿名に近い形でのライセンス取得が可能なFree Editionの配布形態を改善すべき」との意見が寄せられたためだとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!