NEC、40Gbps/最大80波が可能なNGN対応波長多重化装置「DW4200」を発売

ニューズフロント 2006年03月20日 14時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは3月20日、伝送速度40GbpsのNGN対応Reconfigurable Optical Add/Drop Multiplexer(ROADM)「SpectralWave DW4200シリーズ」を販売開始した。価格は2500万円から。6月に出荷を開始する。

 DW4200は、NEC中央研究所が開発したEDC(波形ひずみ補正)LSIを採用しており、10Gbps光通信網で使用される既設光ファイバを使って、600km以上の長距離伝送を40Gbpsで処理できる。光多重波長数は最大80波。ユーザーのネットワーク規模に合わせて40波モデルも用意している。優れたエラー訂正技術と、中継局での波長パワー自動調整機能により、高品質で安定した長距離伝送を実現する。

 波長クロスコネクト機能を搭載し、ネットワーク間の乗り入れを遠隔制御できる。そのため、メッシュ、マルチリングなど柔軟なネットワーク構築に対応し、メトロから長距離基幹ネットワークまで、広い用途に適用可能だ。自律分散制御型光ネットワークを実現するGMPLS機能により、障害発生に備えた迂回機能などの高信頼ネットワーク構築を可能とし、同時に設備コストを削減する。

 高密度実装技術により、体積をNECの現行製品に比べ3分の1に小型化した。シングルシェルフ(幅450mm、高さ450mm、奥行き310mm)から利用できる。

 NECでは、今後3年間でDW4200の販売数2000システムを目指す。3月21日から22日にテキサス州ラスベガスで開催されるTelecomNEXT 2006に、DW4200を出展する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!