バーテックス、総合情報漏えい対策ソフト「Webwasher」の日本語対応版を発売

ニューズフロント 2006年03月22日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バーテックスリンクは3月22日、米Secure Computingの統合情報漏えい対策ソフト「Webwasher日本語対応版V5.3」の販売を開始した。

 Webwasherは、URLフィルタ「URL Filter」と、アンチウイルス「Anti Virus」、コンテンツフィルタ「Content Protection」、SSLフィルタ「SSL-Scanner」、スパムフィルタ「AntiSpam」の5モジュールをセット提供する統合情報漏えい対策製品だ。

 インターネットとイントラネットの境界となるゲートウェイに設置し、ウェブページへのアクセス禁止、有害なコードの入ったデータの阻止、特定ファイルのダウンロード禁止、掲示板への書き込み禁止などの機能を提供する。

 日本語対応版としたことで、各種画面の日本語表示と、日本語による電子メールのフィルタリングが可能となった。これにより、システムインテグレータは画面開発を行う必要がなくなり、導入期間を大幅に短縮できる。

 1年間のデータベース更新権とサポート費込みの税別価格(50ユーザー時)は以下のとおり。

  • URL Filter V5.3:35万円
  • Anti Virus V5.3:29万3000円(アンチウイルスエンジン1製品搭載)、52万7000円(同2製品搭載)、70万3000円(3製品搭載)
  • Content Protection V5.3:43万2000円
  • SSL-Scanner V5.3:14万9000円
  • Anti Spam V5.3:15万1000円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?